【美肌サプリのおすすめ比較ランキング!】美容効果の高いサプリを口コミ等の人気と合わせてご紹介します!

成分の安全性を確認しよう!妊婦が知っておくべき美肌サプリの基礎知識


美肌サプリには、シミやくすみを消して肌を白くしたりたるみを解消してハリをもたらしたりと、さまざまな美容効果が期待できる成分が配合されています。
美白をしたいのか、乾燥を解消したいのか、ハリやツヤをとりもどしたいのかなど期待する効果によって配合成分は異なりますが、主にどんな成分があるかを見ていきましょう。

 

美肌サプリによく含まれる栄養素

美肌になるために欠かせない成分なのが、ビタミン類です。ビタミンは複数の種類がありますが、異なる形で美肌に関係していることが多いです。たとえば、ビタミンAは肌や粘膜を健康にして肌の状態を正常に保つ働きがあります。ビタミンCはコラーゲンの生成に働くほか、メラニン色素の生成を抑制したり還元して淡色化したりと美白作用にも優れています。抗酸化作用もあり、たるみやしわを防ぐ働きも。

ビタミン以外に、鉄分や亜鉛、銅など活性酸素から肌細胞を守るのに必要なミネラル類や活性酸そのものを除去するポリフェノールもよく使われています。

また、人気が高いのがアミノ酸やタンパク質などを豊富に含むプラセンタや、強い抗酸化作用があるコエンザイムQ10、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするとされるイソフラボンなどもよく使われています。これらはアンチエイジングに効果を発揮します。

 

妊婦が取っていい栄養、気をつける栄養

エイジングケアのために美肌サプリを飲んでいる女性は多いでしょう。安全性が保証されている美肌サプリで栄養補給すれば、シワやたるみなどのエイジングサインを効果的に予防・改善することも期待できます。しかし、お腹に赤ちゃんがいる妊婦となると、むやみにサプリを飲むのはよくありません。それは、通常の状態とは異なり、妊婦が摂取した成分が赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるからです。

たとえば、ビタミンAを妊娠初期に摂りすぎると、胎児の臓器形成に良くないことが指摘されています。ビタミンAの中でも特に注意が必要なのは動物由来のレチノールです。日本製のサプリにはあまり使われていませんが、海外製ではレチノールが使われていることがありますので気をつけましょう。

また、イソフラボンのような女性ホルモンに似た作用がある成分や、胎盤から抽出したエキスであるプラセンタも注意が必要です。妊娠中は女性ホルモンのバランスの変化が激しい期間です。サプリメントで女性ホルモン様物質を摂取することで、バランスが乱れてしまう可能性があります。

なお、妊娠中は胎児の先天性異常の発生を予防するとして、葉酸サプリの摂取が推奨されています。その葉酸サプリにもこれらの成分が入っていることがありますが、妊婦用であれば害になるような量が配合されていることはまずありませんので、気にすることはないでしょう。

 

よくわからないものは使わないで

妊娠中は気をつけるべき成分について述べましたが、その反対に、ビタミンB群は妊娠中でもおすすめの成分です。ストレスを和らげたり、つわりを緩和する作用があるとされています。ちなみに、妊娠中の摂取が推奨されている葉酸もビタミンBの一種になります。肌のターンオーバーを整える作用のあるビタミンDも、妊娠中は必要量が増えるため、摂ってもそれほど心配の要らない栄養素です。ただし、耐容上限は1日あたり100㎍と定められていますので、これを越えないようにする必要はあります。

また、妊娠中は便秘になりやすいため、腸内環境を改善してくれる食物繊維もいいでしょう。腸内環境が向上すると、免疫力も高まりますので、風邪をひきにくくなるなど健康にも良い効果があります。

妊娠していても、美容ケアはきちんと行いたいものです。しかし、お腹の赤ちゃんの安全性を第一に考えるようにしましょう。飲もうとしている美肌サプリに配合されている成分が赤ちゃんに良いのか悪いのかわからなければ、飲まないほうが無難です。どうしても飲みたいというのであれば、産婦人科の検診の際などに持参して主治医に相談することをおすすめします。

 

サイト内検索
記事一覧