【美肌サプリのおすすめ比較ランキング!】美容効果の高いサプリを口コミ等の人気と合わせてご紹介します!

美肌サプリと処方薬は一緒に飲んではいけない?

お医者さんが処方をしてくれるお薬は医薬品であり、美肌サプリは健康食品の分類になりますので、一緒に飲んでも問題がないと考えるかもしれませんが、一緒に飲むべきではありません。

どの栄養素とどの医薬品の成分の組み合わせかにもよりますが、同時に飲んでしまったために副作用が出ることがあるためです。

 

組み合わせ次第で効果を下げてしまうことがあります

美しく健やかな肌を叶えるために美肌サプリは味方になりますが処方薬とは一緒に飲んではいけません。

病院から処方をされているお薬だから安心をしがちですがサプリメントに含まれる成分との関係で、体調を崩してしまうこともあるためです。

口から摂取をするサプリメントは安全性をよく考えられて作られてはいるものの、種類や飲み方などによっては副作用が出てしまうこともあります。

素肌のためにも健康のためにも良いと信じて飲んだものの、医薬品と共に飲んだことで思わぬトラブルに発展をしてはいけません。

ミネラルにたんぱく質や糖に脂質、そしてビタミンという5大栄養素を含有するローヤルゼリーは、肌のアンチエイジングケアにも最適です。

でも血液凝固を抑制する働きを持つ、ワルファリンカリウムの服用をしている際に、共にローヤルゼリーを飲んではいけません。

出血の可能性が高まりますし、紫斑が発生をすることもあるためです。

水溶性ビタミンB群として近年注目をあつめている葉酸ですが、バルビツール酸系薬や抗てんかん薬と共に飲むと、医薬品効果を抑えてしまいます。

 

皮膚代謝を良くする成分も医薬品とは飲まないことです

DHAと呼ばれるドコサヘキサエンとEPAで知られるエイコサペンタエン酸は、健康に良いことで知られていますが、皮膚のターンオーバーを正常化させるためにも一役買います。

美肌サプリとしておさかなに多く含まれる質の良いオイル系を選ぶこともありますが、これらの栄養も処方薬は一緒に飲んではいけません。

コレステロールや中性脂肪を下げてくれたりするDHAですが、血糖値を上げる働きも潜んでいます。

糖尿病治療薬の中には血糖値を下げる医薬品もありますがサプリとの併用は働きを弱めるので要注意です。

DHA同様に魚には豊富に含まれているEPAは、血液への働きかけをすることができるので気になる血栓を予防数ためにも活躍をします。

半面で血圧は下げてしまうので、降圧薬と共に飲むと血圧が必要以上に低下をするリスクが高いです。

ロサルタンカリウムやアムロジピンベシル酸塩、エナラプリルマレイン酸塩など、降圧薬といっても種類は色々あります。

 

エイジングケアに良いサプリでも注意が必要です

アンチエイジングにも良いとされるセサミンですが、美肌サプリとして飲むにしても処方薬とは一緒に飲まないことです。

抗酸化作用が高くて体の中へ入っても、あらゆる場所で活躍をしてくれます。

酵素は生きるためにも必須ではあるものの、ストレスや紫外線にタバコなど、あらゆる刺激で活性酸素へと変わりますが、これが肌に錆を生じさせる要因の一つです。

肌をいつまでも若く保つためにも錆を生じる活性酸素は、できるだけ少なくしていかないといけませんが、強力な抗酸化作用を持つセサミンが味方になってくれます。

ゴマに豊富に含まれている成分ですからエイジングケアだけではなく、生活習慣病の予防にも良いですし健康維持に取り入れる人も少なくはありません。

ですが美肌サプリとして飲む際は、降圧薬と共には飲まないことです。

考えている以上に血圧が下がってしまいます。

緑黄色野菜に豊富で、粘膜や皮膚を丈夫にするカロテンの栄養のサプリは、脂質異常症治療薬と一緒に飲んではいけません。

せっかくの脂質異常症治療薬の効果をサプリの栄養が弱くしてしまいます。

 

誰もが気軽に入手のできる美肌サプリは安全重視で製造をされる食品ですが、病院からの処方薬は基本的に一緒には飲まないようにします。

さまざまな医薬品がありますしサプリの成分がありますが、共に飲むと相性が良くない成分があるためです。

サイト内検索
記事一覧