【美肌サプリのおすすめ比較ランキング!】美容効果の高いサプリを口コミ等の人気と合わせてご紹介します!

要注意!美肌サプリと薬を一緒に飲むのは危険!

多くの女性が美しい肌になりたい、と願っていますが毎日のお手入れと肌によい栄養を含む食事が面倒になることもあります。
そんなときに便利なものが美肌サプリで、食事で摂りにくい栄養を簡単に補ってくれる美肌づくりに欠かせないアイテムです。

しかし、この美肌サプリ、含まれる成分によっては病気治療中の人が飲むと危険なこともあります。
ここでは代表的な3つの組み合わせをご紹介します。

 

セサミンを含むサプリと降圧剤の飲み合わせ

ごまに含まれているセサミンは、強力な抗酸化作用を持っています。
体内で蓄積された活性酸素は皮膚の老化を早めてしまう大きな原因ですが、セサミンによる抗酸化作用で血液の状態が良くなり肌に血液中の栄養素がしっかりと行き届くようになるため、肌のターンオーバーを正常に保つことになります。

セサミンには他にもアンチエイジング効果や生活習慣病の予防効果などがあり、多くの美肌サプリに使用されていますが、血圧が高く降圧剤を日常的に服用している人の場合は注意が必要です。

セサミンは肝臓で血液中の過酸化脂質となる脂質量を調整するとともに、抗酸化作用による血液サラサラ効果もあることから高血圧の改善にも繋がります。
これが肌には良い影響を与えるわけですが、降圧剤と併用してしまうと必要以上に血圧を低下させてしまう恐れがあり、急激な血圧低下によって立ちくらみやふらつき、体のだるさなどの症状がでるほか、体温調節障害などの自律神経に悪影響を及ぼす可能性があります。
降圧剤の種類によっては全く問題がないこともあるので、美肌サプリを飲む前に医師に確認することが必要です。

コエンザイムQ10を含むサプリと慢性心不全

美肌にはビタミンを欠かすことはできません。
コエンザイムQ10は、脂溶性の物質でほとんど全ての体細胞に存在するエネルギーを作りだすために必須となる酵素のひとつです。
動脈硬化の危険因子とされる悪玉コレステロールを抑制する働きもあり、生活習慣病の予防としても注目の成分です。

コエンザイムQ10は人の体内において合成されるビタミン様物質で、肌の劣化や老化を防ぐために必要であり、シミやシワ、たるみのなど解消が期待されているため、多くの美肌サプリに配合されています。
しかし、生命に直結する慢性心不全などを患っている人の場合は、処方されている「ワルファリンカリウム」という薬の効果を弱めてしまう恐れが指摘されています。

ワルファリンカリウムはビタミンKが関与する血液凝固因子の生成を抑える効果があるため、血液を固まりにくくして血栓ができるのを予防する薬ですが、コエンザイムQ10の抗酸化作用により血液凝固の抑制効果を弱めてしまうことがあります。
ワルファリンカリウム製剤を服用している場合には十分な注意が必要です。

ローヤルゼリーとワルファリンカリウム製剤

ローヤルゼリーは美肌を作るスペシャル食材として知られています。
働き蜂の唾液腺から分泌されるもので、タンパク質やアミノ酸、ブドウ糖、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるほか、細胞の代謝を促す効果があるアピシン、若返りホルモンといわれる類パロチン、保湿効果を高めるデセン酸なども含んでいます。

これらの栄養素をバランスよく摂取できるのがローヤルゼリーを含んでいる美肌サプリですが、慢性心不全などの治療でワルファリンカリウムを服用している人の場合は注意をしなければなりません。
コエンザイムQ10でもワルファリンカリウムは関係していましたが、ローヤルゼリーはコエンザイムQ10とは全く逆で、ワルファリンカリウムの持つ血液凝固抑制効果を増強させてしまうという事例が報告されています。

実際にあった事例として、双方を服用していた人がちょっとした怪我をしたところ出血多量でショック状態になってしまったり、内出血が止まらなくなるなどがあります。
ワルファリンカリウム製剤を服用している人は、ローヤルゼリー配合の美肌サプリは避けることが必要です。

 

サイト内検索
記事一覧